インドのジェネリック医薬品事情

インドのジェネリック医薬品事情

インドのジェネリック医薬品事情

ジェネリック医薬品は全世界で使われていますが、その中でインドがジェネリック医薬品の最大供給国になっています。

 

日本でも最近はジェネリック医薬品の関心が増してきて、黒柳徹子が東和薬品、高橋英樹が沢井薬品のCMに出ていることはよく知られています。

 

ジェネリックは先発品の特許がきれてから、初めて作る事が許されます。
しかしインドではこの医薬品の特許に関する法律が他国と全く違います。

 

それが原因で、特許が切れていない薬でも合法的にジェネリックを作ることができるのです。
2005までのインド国内の特許法では『医薬品は特許として認められていません』でした。

 

それで、インド国内では、新薬が出ると合法的にジェネリック医薬品を作る事が出来、堂々と海外に輸出をしていました。
インドのジェネリック医薬品は「発途上国の薬局」と呼ばれ、世界のジェネリック医薬品の大半をインドで作っていました。

 

国境なき医師団などが利用する薬の8割は、このインドのジェネリック医薬品で、支えられているのが現状でした。高い新薬を使用できる財政状態は国境なき医師団にはなく、インドのジェネリック医薬品なしに、医療行為をすることは困難でした。
またインドのジェネリック医薬品は、値段が安く、高品質でありましたので、安全性も非常に高かったのです。

 

特に、発展途上国では、エイズ(HIV)の問題が大きく、このエイズ治療薬のほとんどがインドのジェネリック医薬品で支えられています。
抗がん剤などの場合には、ある薬を1か月使用すると、20万円掛かるところをインドのジェネリック医薬品でしたら。1か月2万円で済ますことができてしまいます。
貧しい国の人々にとってはインドの良質で安価なジェネリック医薬品はなくてはならない存在となっています。

 

現在のインドの国内事情では、2005年以降「合理的な実施料」を特許権を有する製薬メーカーに支払うことで同薬を生産及び販売し続けることができることになっています。

 

世界には貧しい国が沢山ありますので、インドのジェネリック医薬品はなくてはならないものとして定着しています。

中国産にはご注意!

ファイザー社(先発品メーカー)の報告によると、中国でバイアグラのニセモノが非常に多く横行しているそうです。
ニセモノのバイアグラの製造工場は綺麗で清潔な工場ではありません。汚い倉庫の片隅で非常に不潔な環境でモノを作っているみたいです。あまりにも不潔なところで作ってるものは感染症なども発症してしまいます。
更にひどいのはうどん粉みたいなものを捏ねて丸めて色をつけただけで、バイアグラの効果成分のシルディナフルなど一切含まれていない物だったそうです。

 

まるっきりのニセモノには注意が必要ですね。

 

 

>>バイアグラジェネリック正規品はこちら

 

>>シアリスジェネリック正規品はこちら


ホーム RSS購読 サイトマップ