バイアグラのジェネリックが日本でも承認

バイアグラのジェネリックが日本でも承認

バイアグラのジェネリックが日本でも承認

バイアグラのジェネリック医薬品が各国で発売されているが、日本でも初めてバイアグラのジェネリックの承認を取得した会社が出てきました。

 

ファイザー社のバイアグラの特許が切れ各国でバイアグラのジェネリックが続々発売されているが、日本でも2014年5月26日より東和薬品からバイアグラのジェネリックが販売されることになった。

 

※日本の東和薬品は2014年5月19日に国内で初めてバイアグラのジェネリックの承認を取得しました。

ジェネリックとはどういうものか?

最近ジェネリック医薬品というものを良く耳にしますが、ジェネリック医薬品とはどういうものなのでしょうか?

 

『ジェネリック』というのは、英語で「一般的な」という意味を持つ単語です。

 

欧米では、お薬を処方する時に、ブランド名ではなく、一般名(generic name/ジェネリックネーム)が使われることが多く、それが「ジェネリック医薬品」(generics)と呼ばれ、世界共通の名前となって、日本でも「ジェネリック医薬品」という名前が広まリました。

 

新薬(先発医薬品)の特許が切れた後に発売される医薬品だから、「後発医薬品」とも言われています。

 

先発医薬品とジェネリック医薬品の違い

 

新薬は今まで実績のある医薬品ですがジェネリック医薬品は先発医薬品の主成分と効能はそのままに、更に改良が加えられています。

 

具体的には

 

大きくて飲みずらい錠剤を小さくしたり、錠剤自体の形状を変更.

 

苦くて飲みずらいものを飲みやすくしたりして改良。

 

また服用時に間違われないように、着色する場合もあります。

 

 

ただし、品名は先発のオリジナルの商品名は使えません。

 

バイアグラの場合もいきなり『カマグラ』と言ってもわかりませんのでジェネリック・バイアグラの『カマグラ』と呼んでいます。
またバイアグラの有効成分は『シルデナフィル』ですのでその成分名をそのまま医薬品名にしているものもあります。

 

ジェネリック医薬品の最大のメリットは価格です。
医薬品にもよりますが、先発品の10分の1と大幅に安くなります。

 

新薬を開発するには、莫大な費用と時間がかかります。

 

しかしジェネリック医薬品はその開発費用と時間が省略されますので価格をおさえられ、消費者(患者)にとって先発品と同じ効能を得られ、価格も下がりますので非常に財布に優しくなっています。

価格について

バイアグラなどのED治療薬は健康保険の対象外で薬価がつかず、医療機関が価格を設定できます。

 

バイアグラの料金は、国内では25mgと50mgの2種類がありますが50mg錠で1錠あたり2,000円くらいが多いみたいです。(診療費込)
上記の国内ジェネリックのものは50mgで1錠あたり1,250円くらいの価格設定にするそうです。

 

診療所や病院などで処方してもらうと、バイアグラ代金と別に診療代がかかります。

通販で購入できるバイアグラジェネリック

バイアグラの有効成分は『シルデナフィル』です。以下の医薬品はすべてバイアグラと同じ有効成分『シルデナフィル』です。

 

カマグラゴールド100mg

【内容量】1箱4錠

 

【価格】
1箱 1,080円
3箱 1,527円
5箱 1.960円
7箱 2,409円 ⇒ 1箱換算で 344円とお得です。
ed治療薬ジェネリック通販

カベルタ(Caverta)100mg

【内容量】1箱8錠

 

【価格】
1箱 1,816円
2箱 2,776円 
3箱 3,736円 
4箱 4,697円 ⇒ 1箱換算で 1,174円とお得です。
ed治療薬ジェネリック通販

[バイアグラジェネリック]シルデナフィル100mg・Sandoz社製

【内容量】1箱4錠

 

【価格】
1箱 2,089円
3箱 3,259円 
5箱 4,147円 
7箱 5,013円 ⇒ 1箱換算で 716円とお得です。
ed治療薬ジェネリック通販

カマグラゴールド50mg

【内容量】1箱4錠

 

【価格】
1箱 939円
3箱 1,322円
5箱 1,690円 
7箱 2,073円 ⇒ 1箱換算で 296円とお得です。
ed治療薬ジェネリック通販

 

[バイアグラジェネリック]シラグラ(Silagra)100mg

【内容量】1箱4錠

 

【価格】
1箱 1,819円
3箱 2,901円
5箱 3,551円
7箱 4,201円 ⇒ 1箱換算で 600円とお得です。
ed治療薬ジェネリック通販

 

※上記1〜3、5の品はお得な100mg錠となりますので、ピルカッターなどで半分にし50mg、またはその半分の25mgにしてお使いください。この量でも充分効果の出る方が大勢います。またコストも下がりますので非常にお得です。
カットするのが面倒な方や通常50mg錠をお使いの方は4の50mg錠をお使いください。

先発品と通販で購入できるジェネリック医薬品のコスト比較

日本の病院処方では25mg、50mgとなっているため50mgを基準に計算しました。(診療代も含まれている計算です。)
カマグラ、シルディナフィルは7箱(28錠)まとめての価格で計算。カベルタは4箱(32錠)の価格で計算しました。

医薬品名 価格 1錠単価 50mg単価(1回分)
病院処方バイアグラ50mg 1錠で2,000円 2,000円 2,000円
カマグラゴールド100mg7箱 28錠で2,409円 86円 43円
[バイアグラジェネリック]カベルタ(Caverta)100mg8箱 32錠で4,697円 147円 74円
シルデナフィル100mg・Sandoz社製7箱 28錠で5,013円 179円 90円
カマグラゴールド50mg7箱 28錠で2,073円 74円 74円
[バイアグラジェネリック]シラグラ(Silagra)100mg7箱 28錠で4,201円 150円 75円

 

どうですか?ビックリするほどジェネリック医薬品は安く使えますね。缶コーヒー1杯分くらいですか。
高価な精力剤もいいけど、財布に優しいバイアグラジェネリックなら心配はいりませんね。


ホーム RSS購読 サイトマップ