バイアグラとプロペシア、リアップを併用しても大丈夫か?

バイアグラとプロペシア、リアップ併用

バイアグラとプロペシア、リアップなどのAGA治療薬を併用しても大丈夫か?

バイアグラを使いたいが、AGA治療薬のプロペシアやリアップを使っているけど問題があるかどうかお悩みの方がいます。これらの医薬品を併用しても大丈夫かどうかについて解説します。

 

バイアグラやプロペシアは男のお助け薬として良く知られています。
人にもよりますがバイアグラを使いたい年齢の方は、抜け毛、薄毛などでお悩みの方が多いですね。

 

どちらも用途は違いますが非常に効果が有り、愛用されている方が多くなっています。

 

プロペシアを服用して精力が弱くなったという方がいますが、性欲減退ではなくセックスをしたいけど勃起が充分ではない、中折れして最後までいかない。フニャチンで早漏気味で射精時も勢いのあるピュッと飛ばないでタラタラ〜と漏れるような方はEDです。

 

プロペシアとEDの因果関係はありません。
どちらかを使う様になれば、別の症状も出てきているということではないかと思います。年齢的にも同じようなときに出てきます。

 

>>髪の毛が生えてくるプロペシアなどのAGA治療薬はプロペシア・フィンペシア通販をご覧ください。

 

プロペシアとパイアグラは併用しても全く問題がありません。

 

プロペシア(フィナステリド)の役割は、男性の抜け毛、脱毛の原因であるDHTと呼ばれる酵素の生成を阻止し抜け毛を減らし毛髪を正常な髪の毛にする効果がありますが、バイアグラ(シルディナフィル)は血管の拡張をじゃまするPDE5という酵素の働きを阻害することで勃起しない人を勃起させる作用があります。

 

このようにこの二つの成分は別の作用になりますし、お互いの成分に干渉しませんのでプロペシアとバイアグラは同時に使用しても問題はありません。もちろんレビトラ(パルディナフィル)やシアリス(タダラフィル)も同じように併用しても問題はありません。

リアップも併用しても大丈夫か?

日本で唯一発毛する育毛剤ということで宣伝しているリアップですが、この効果成分はミノキシジルというものです。

 

日本皮膚科学会が公表するガイドライン(2010年版) にはフィナステリド(プロペシア、フィンペシア等)とミノキシジル(リアップ、ロゲイン、カークランド等)の2種類の医薬品がAランクを獲得しています。このAランクは上記の2種類しかなく「強く勧められる」というものでAGA治療(発毛外来)の専門クリニックで実際使われているものです。TV宣伝しているリー●21なども使用する効果のある医薬品です。

 

ミノキシジルの効果は今まで育たなかった細く、弱いほとんど体毛に近い毛髪を、太く、強く普通の髪の毛まで育てますのでフサフサに髪の毛が生えてくるという成分です。

 

ミノキシジルは海外では普通に販売されている医薬品でジェネリックも含めて多くの商品があります。(価格も非常に安くなっています。)ミノキシジルは内服薬(飲み薬)と外用薬(塗り薬)の2種類があります。

 

ミノキシジルの効果

ミノキシジルには血管を拡張する作用があり頭皮の血流を増やすことで毛母細胞の分裂に必要な栄養素を補給します。
ミノキシジルは血管を拡張させて血行を良くし、血流を改善する効果が有るため、特に頭頂部や生え際部分の薄毛や抜け毛に高い効果を発揮します。

 

バイアグラも血管を拡張する効果がありますので、干渉すると貧血気味になると思うのですが医学的にはそういうことの懸念はない様です。
ミノキシジルのタブレット(錠剤)は経口薬なので頭髪以外にも他の部所にも影響が及ぶ場合がありますが、外用薬(塗り薬)は頭頂部分や生え際などの薄毛の目立つ所にに直接塗るものなのでバイアグラを服用しても干渉はまず有りません。専門家も因果関係についても結論が出ないと言う見解です。

 

ですからミノキシジル(リアップ、ロゲイン、カークランド等)の塗り薬タイプはバイアグラを併用して使っても問題はありませんのでご安心ください。

 

実際私も私の友人もバイアグラとフィナステリド(プロペシア、フィンペシア等)、ミノキシジル(リアップ、ロゲイン、カークランド等)を併用していますが、全然問題はありません。

 

 

>>薄毛やハゲ治療に興味のある方はプロペシア・フィンペシア通販をご覧ください。
特にリアップをお使いの方はぜひご覧ください。(ジェネリックで効果は同じで価格は驚くほど安く購入できます。)


ホーム RSS購読 サイトマップ